モーニングアフターピル(緊急避妊薬)について

妊娠する可能性のあるセックスをした時(コンドームが破れたり、はずれてしまったり、つけなかったりした場合)、72時間以内に飲み薬を内服すれば妊娠を避けることができます。
排卵を遅らせたり、子宮内膜(赤ちゃんのベッド)の状態を変化させたりすることによって妊娠の成立を妨げます。

ノルレボ錠は安全性が高く緊急避妊にとても有効なアフターピル

現在、日本で使われている緊急避妊薬はノルレボ錠とプラノバールの2種類があります。
当院では安全性と避妊効果の高い「ノルレボ錠」を使用しています。

ノルレボ錠(新アフターピル)は、他の緊急避妊薬(プラノバール)より値段は高いですが、吐き気・嘔吐などの副作用がほとんど無く、避妊効果が高い(妊娠率が低い)アフターピルです。そのため、当院では緊急避妊を希望する方にノルレボ錠(新アフターピル)を飲むことをお勧めしています。
ノルレボ錠は現在、国が正式に認可している唯一の緊急避妊薬です。プラノバールは緊急避妊薬として認可されていません。

ノルレボ錠(新アフターピル)とプラノバール(従来のアフターピル)の比較は次の通りです。

ノルレボ錠は安全性が高く、緊急避妊にとても有効なアフターピルなので当院では緊急避妊を希望する方にノルレボ錠を勧めています。

ノルレボ錠(新アフターピル)とプラノバール(従来のアフターピル)の違い

 

ノルレボ錠

(新アフターピル)

プラノバール

(従来のアフターピル)
方式

LNG単独剤

ヤツぺ法

服用方法

1回内服のみ
(性交後72時間以内に2錠内服)

2回内服
(性交後72時間以内に2錠内服、12時間後にさらに2錠内服)

緊急避妊効果

高い

低い

アフターピル服用後の
妊娠率

1.1%

3.2%

副作用について

吐き気や嘔吐などがほとんどない
吐き気:15%
嘔吐はほとんどなし

吐き気や嘔吐が生じる場合がある
吐き気:50.5%
嘔吐 :18.8%

重い副作用(血栓症)

なし

可能性あり

緊急避妊の適応
(国の認可)

適応あり
(認可されている)

適応なし
(緊急避妊薬として認可されていない)

費用

たじま産婦人科
15,000円+消費税

3000円~10000円
各施設により値段は異なる

表をご覧いただくとノルレボ錠は安全性が高く避妊効果も高い緊急避妊薬であることが明かです。

当院で処方しているモーニングアフターピル(緊急避妊薬)はノルレボ錠だけです。

※モーニングアフターピルをお出しする際、診察はありません。

医院概要

千葉県千葉市の産婦人科たじま産婦人科医院

所在地
〒263-0043
千葉県千葉市稲毛区小仲台6-3-7
電話
043-251-8197
最寄駅
JR総武線 稲毛駅東口 徒歩2分
JR稲毛駅東京よりのプラットフォームから見える4階建てのビルです。
診療時間
9:00~12:00 -
15:00~18:00 - -

◎毎週木曜日は女性医師の診察日です。
休診日:土曜午後・日曜・祝日

ACCESSMAP

読み込み中…