子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫の検診について

子宮筋腫

30~50代の女性の4~5人に一人は子宮筋腫をもっていると言われています。

これは子宮にできる良性腫瘍(できもの)です。ガンではありませんので命にかかわることはありませんが、進んでくると生理痛がひどくなったり、月経でない時まで下腹部が痛くなったりします。また、月経の血の量が増え、貧血になったりします。

そのために、めまいがしたり、疲れやすくなったりします。その他、不妊の原因になったりもします。

重症になると手術が必要になることもありますので、早めに発見する必要があります。外来での一般的な診察、超音波検査によって簡便に診断できます。

子宮内膜症

子宮の内側の壁にある、「子宮内膜」という月経を起こす組織が、子宮の内壁以外の子宮の筋肉の中や子宮の周辺、卵巣などに広がっていく病気です。

20代~40代の女性の4~5人に一人はなっていると言われています。
症状は子宮筋腫に似ていて生理痛がひどくなる、下腹部痛、不妊、性交痛などです。

診断には、内診、血液検査、画像診断(超音波など)、腹腔鏡などによる方法があります。

卵巣のう腫

卵巣は、子宮の左右両側にある親指の先くらいの大きさの器官です。 そこに水や血液、脂肪などが貯まり、大きく腫れ上がってくるのが卵巣のう腫です。

大きくなると手術が必要になりますが、初期の段階では、自覚症状はほとんど無く、かなり大きくならないと症状は出ません。中にはガンになったりするものもあり、不妊の原因にもなります。

医院概要

千葉県千葉市の産婦人科たじま産婦人科医院

所在地
〒263-0043
千葉県千葉市稲毛区小仲台6-3-7
電話
043-251-8197
最寄駅
JR総武線 稲毛駅東口 徒歩2分
JR稲毛駅東京よりのプラットフォームから見える4階建てのビルです。
診療時間
9:00~12:00 -
15:00~18:00 - -

◎毎週木曜日は女性医師の診察日です。
休診日:土曜午後・日曜・祝日

ACCESSMAP

読み込み中…